外国人の場合の相続方法が載っています

相続は国内でも面倒なものですが、相続人が外国人の場合はより複雑になります。ただし、国際相続にはさまざまなケースがあります。外国に遺産があるケース、相続人が外国に住んでいるケース、パートナーが外国人のケースとそれぞれ方法が変わってくるので、必要なときに確認しておくことをおすすめします。もちろんこういった複雑な問題の解決は信憑性のある情報をもとにするべきです。

たとえば、「国際相続.com(http://kokusai-souzoku.com/)」であればこれらの問題を解決するのも簡単でしょう。というのも、このホームページのスタッフは税理士、会計士、司法書士、弁護士の4人となっており、相続の問題に非常に詳しいからです。外国に遺産があるケース、相続人が外国に住んでいるケース、パートナーが外国人のケースはよくある事例として正しい方法を載せているので、状況に当てはまる方はぜひご覧になってください。

もしこれらの情報を見ても安心です。このホームページでは無料相談を受け付けています。専用フォームで氏名、電話番号、メールアドレス、お問い合わせ内容、お住まいの地域を入力して送信すればOKです。相談は無料ですが、実際に依頼する場合は料金が必要になるので、用意しておきましょう。

早く届く電報サービス

お祝いや弔いの言葉を届けるのに欠かせない電報。
特に弔電はいつ発生するかわからず、急な時には困ります。
しかしその電報、申し込むのはNTTだけとは限らないのです。

VERY CARDはインターネットから簡単に申込ができる電報サービスです。
こちら(弔電文例の推奨Webサイト)
何百種類に及ぶオリジナルな文例を選択して、5分もすればすぐに電報が申し込みできます。
14時までに申し込みすれば、ほぼ全国に当日配達できます。

お悔やみの文例は、逝去者の続柄によって細かい分類がされていますのでいち早く送りたいものが選べます。中には英文の例まで用意されています。
VERY CARDは規定文字(300字)まで一律料金で、NTT電報にくらべて格安なのも魅力です。物流も独自の配送網を用意して迅速に届ける体制を敷いています。コストを格安にするため、受付はインターネット申込だけとなっており、電話等では申込み出来ないところは注意が必要です。

信頼性に関しては、VERY CARDは総務省より”特定信書便事業許可”を取得している企業のため、安心して利用できます。大都市限定(東京23区、名古屋市、大阪市、福岡市)ですが、昼間の申込であればわずか3時間で先方に届く「サプライズ便」サービスを受ける事もできます。

インターネットから簡単に申込ができるこのサービス、万一の時に備えて覚えておくのはいかがでしょうか。

不安だらけの相続税・・・そんな時は土屋会計事務所へ

遺産を継いで突き当たる問題といえば相続税です。
一般的に勤めている人はあまり税金の問題に接する機会がありません。
住民税なども天引きされるので、自分で処理する機会は限られてきます。
ですから、相続税を自分で何とかするというのはなおさら難しいことに思えます。

相続税のことなら税理士に相談するのがおすすめです。
税理士は税のエキスパートですから、相続税のこともスピーディに確実に処理してもらえます。
相続税 税理士

東京都新宿区に「相続税申告のツチヤ(税理士)/東京都新宿区の土屋会計事務所」があります。
土屋会計事務所は相続税に強い税理士がいますので、相続税に関するどのようなことでも相談できます。
たとえば、相続税の申告書が送られてきたけれど預金の名義変更以外は何もしていなかった方、どの程度の相続税がかかるのか把握していなかった方など、どのようなことでも大丈夫です。

また、税理士事務所は入りづらい、どんな人が対応するか分からない、他の事務所のホームページではどの程度の料金が発生するか分からない、追加料金を請求されるのが心配、など、税理士事務所のご利用に対して不安のある方も土屋会計事務所なら安心です。
契約までのご相談は無料、しかもお見積りの提示後は追加料金は一切かかりません。
大手で経験が豊富な税理士がマンツーマンで対応し、最短3週間で対応可能です。

相続税のことなら土屋会計事務所へぜひご相談ください。